Leaders - タロ・サタラカTalo Sataraka

タロ・サタラカ Talo Sataraka

主任牧師 Senior Pastor

タロ牧師と妻の記子さんはニューホープ東京の創立者です。ふたりには1人娘であるエリカがいます。タロ牧師は22歳のころYWAMの宣教師として初来日し、渋谷ハーベストにて7年間ディレクターを務めました。その後、ハワイの教会ニューホープ・クリスチャン・フェローシップ・オアフウェイン・コディロ主任牧師の指導のもとにインターンシップをしながら、パシフィックリム・クリスチャン大学にて牧師訓練を受け、クリスチャン・ミニストリーの修士号を取得し卒業しました。

日本でも活気があって楽しく、芸術を用いてクリエイティブに神様の素晴らしさを伝える教会を開拓したい、というビジョンを持ったタロ牧師と妻の記子さんは1999年に再来日し、同じビジョンを持つ友人数名とニューホープ東京をはじめました。

タロ牧師はニューホープ・ジャパン・アソシエーションのディレクターとして、ニューホープ東京を通じて、ニューホープ横浜ニューホープ大阪ニューホープ成増(サテライト教会)、ニューホープ台湾の開拓に貢献してきました。また、ニューホープ・インターナショナル・プリスクール(幼稚園)を東京都板橋区に設立しました。タロ牧師は日本、アジア、南太平洋諸国での教会開拓に情熱を注いでおり、現在は日本、ミャンマー、フィリピン、台湾に教会を持つニューホープ・インターナショナル・アジアのディレクターを努めています。

タロ牧師はウクレレが上手で、料理は特にBBQが得意です。

Pastor Talo and his wife Noriko are the founders of New Hope Tokyo. They have a daughter Erika who is the joy of their life. Pastor Talo, who was born in Samoa, first came to Japan as a missionary with YWAM when he was 22 years old, and served for 7 years as a director at Shibuya Harvest church. Later he returned to Hawaii, and while serving as an intern at New Hope Christian Fellowship Oahu under his mentor Pastor Wayne Cordeiro, he underwent training as a pastor at Pacific Rim Christian College, and graduated with a master’s degree in Christian ministry.

With a vision of pioneering a vibrant church that would convey the love of Jesus through creative arts, Pastor Talo and Noriko returned to Japan in 1999 to start New Hope Tokyo with a few friends who shared the same vision.

As the director of New Hope Japan Association, through New Hope Tokyo, Pastor Talo has contributed to the pioneering of New Hope Yokohama, New Hope Osaka, New Hope Narimasu (a satellite church), and New Hope Taiwan. In addition he has established New Hope International Preschool in Tokyo. With a passion for church planting in Japan, Asia, and the South Pacific, Pastor Talo acts as the director of New Hope International Asia, which oversees churches in Japan, Taiwan, Myanmar, and the Philippines.

Pastor Talo plays the ukulele, and cooks a mean BBQ.