Devotional Blog
by Pastor Talo Sataraka

Read in English

タイトル: 祈りについて

タイトル:  祈りについて 聖句: "ですから、あなたがたに言います。求めなさい。そうすれば与えられます。探しなさい。そうすれば見出します。たたきなさい。そうすれば開かれます。 だれでも、求める者は手に入れ、探す者は見出し、たたく者には開かれます。 あなたがたの中で、子どもが魚を求めているのに、魚の代わりに蛇を与えるような父親がいるでしょうか。 卵を求めているのに、サソリを与えるような父親がいるでしょうか。 ですから、あなたがたは悪い者であっても、自分の子どもたちには良いものを与えることを知っています。それならなおのこと、天の父はご自分に求める者たちに聖霊を与えてくださいます。」" ルカの福音書 11章9~13節 観察: イエスさまはある場所で祈っておられました。祈りが終わると、弟子の一人がイエスさまに言いました。「主よ。ヨハネが弟子たちに教えたように、私たちにも祈りを教えてください。」 イエスさまは弟子たちに、祈りについての原則を教えられました。祈りがどのように機能するかを、次の例を用いて説明されました。 「また、イエスはこう言われた。「あなたがたのうちのだれかに友だちがいて、その人のところに真夜中に行き、次のように言ったとします。『友よ、パンを三つ貸してくれないか。友人が旅の途中、私のところに来たのだが、出してやるものがないのだ。』すると、その友だちは家の中からこう答えるでしょう。『面倒をかけないでほしい。もう戸を閉めてしまったし、子どもたちも私と一緒に床に入っている。起きて、何かをあげることはできない。』あなたがたに言います。この人は、友だちだからというだけでは、起きて何かをあげることはしないでしょう。しかし、友だちのしつこさのゆえなら起き上がり、必要なものを何でもあげるでしょう。」 この話の中で出てくる人物は、友だちだという理由で友人を助けようとしてはいません。理由は、友人の大胆さ、しつこさ、勇気、恐れのなさが彼を動かし、その友人が必要とするものをあげて、早く自分が寝床に戻れるようにしただけです。 その友人のしつこさが功を奏して、彼は寝床から起き上がり、友人は求めていたものをゲットしたのです。イエスさまは弟子たちに、祈る人の態度はどうあるべきかを教えられました。「求めなさい。そうすれば与えられます。探しなさい。そうすれば見出します。たたきなさい。そうすれば開かれます。」と。 祈りの原則は、「求める」「探す」「たたく」です。これは、必要に迫られたものを一度だけ願い出るのではなく、求め続け、探し続け、そして戸をたたき続けるということです。これは、私たちに、必要に迫られたものについて祈り、絶え間なく祈ることが必要であるとイエスさまは教えてくれているのです。 祈りのもう一つの重要な点は、あなたは何を求め、探し、たたくのかということ。人は誰でも何かを求めています。私たちは皆、自分の人生を祝福してくれるもの、あるいはもっと多くのものを手に入れることができるようにと願い求めています。多くの人は、自分の欲しいものを手に入れるために、祈ります。人は多くのことを望み、その望みについて葛藤し、戦っています。使徒ヤコブは次のように書いています「あなたがたは、欲しても自分のものにならないと、人殺しをします。熱望しても手に入れることができないと、争ったり戦ったりします。自分のものにならないのは、あなたがたが求めないからです。求めても得られないのは、自分の快楽のために使おうと、悪い動機で求めるからです。」(ヤコブの手紙 4章2~3節) 祈りのポイントは、必要が生じた時だけでなく、私たちの利己的な欲望を満たすためでもありません。父なる神と常につながることです。祈りの主なフォーカスすべき点は、私たちのために神様に何かをして欲しいと、必要があるときだけのものではなく、神様との関係と交わりの中で常に神様とつながることです。 イエスさまは弟子たちにこう言っています。「あなたがたの中で、子どもが魚を求めているのに、魚の代わりに蛇を与えるような父親がいるでしょうか。卵を求めているのに、サソリを与えるような父親がいるでしょうか。ですから、あなたがたは悪い者であっても、自分の子どもたちには良いものを与えることを知っています。それならなおのこと、天の父はご自分に求める者たちに聖霊を与えてくださいます。」求め続けること、探し続けること、たたき続けることのポイントは、祈りによって与えられることではなく、聖霊から来る祈りの力についてです。 人々は求めたものが与えられると、すぐにそれを使い果たしてしまいます。人々は、必要なときだけを神様に祈り、そのために神様とつながろうとしますが、必要が満たされると、次の必要が迫り来るまで神様のことを忘れてしまいます。祈りは人生の悩みを消すためのものではありません。祈りは、私たちが何を必要としているかを知り、それを与えてくださる愛に満ちたみ父のもとへいつでも行けることを、聖霊を通して絶え間なく続けるためのものなのです。 イエスさまが、「祈るためにある場所に行った」のは、単にイエスさまが必要に迫られていたからではありません。イエスさまがみ父とコミュニケーションをとるためでした。イエスさまがみ父とつながろうとしていたのは、必要からではなく、み父と一緒にいるためでした。 適用: 私は、自分の必要なときだけでなく、天のみ父と常に関係を持ち、つながり続けるために、天のみ父とつながる方法を学び続けたいと思います。私は、何かをキリストからいただくことよりも、何よりキリストを必要としています。 祈り: イエスさま、祈りとは必要に迫られたときのためのものではなく、あなたと常につながっているためのものだということに、私の目を開かせてくださり感謝します。私はしばしばあなたを必要とするときだけ、あなたのもとに行ったりしています。しかし、ただあなたと一緒にいるためにあなたのもとに行きたいという思いを常に持てますように。あなたと近しくつながることができるよう、私に教えてください。私はあなたを必要としています。そして、人生のあらゆる面で、あなたにもっと近づけますように。  

DO NOT PRAY ONLY WHEN IN CRISIS, BUT CONNECT DAILY WITH JESUS

TITLE: DO NOT PRAY ONLY WHEN IN CRISIS, BUT CONNECT DAILY WITH JESUS
SCRIPTURE:
“So, I say to you: Ask, and it will be given to you; seek, and you will find; knock, and the door will be opened to you. 10 For everyone who asks receives; the one who seeks finds; and the one who knocks, the door will be opened. 11 “Which of you fathers, if your son asks for a fish, will give him a snake instead? 12 Or if he asks for an egg, will give him a scorpion? 13 If you then, though you are evil, know how to give good gifts to your children, how much more will your Father in heaven give the Holy Spirit to those who ask him!” (Luke 11:9—13)
OBSERVATION:
Jesus was praying in a certain place. When he finished praying, one of his disciples approached him and said, “Lord, teach us to pray, just as John taught his disciples to pray. Jesus taught his disciples about the principle of prayer. He illustrated how prayer works by sharing a story. Supposed, you have a friend, and you go to him at midnight, and you bother him to give you some bread because you have a guest and you don’t have any bread to give him. And suppose the one inside said, don’t bother me. The door is already locked, and my children and I are in bed. I can’t get up and give you anything. Jesus continues, EVEN though he may not get up and give you any bread, BECAUSE OF FRIENDSHIP, YET BECAUSE OF YOUR SHAMELESS AUDACITY, Y he will surely get up and provide you as much as you need.
The friend in this story may not move to help his friend out of the relationship, but because of boldness, persistence, courage, and fearlessness, this will move him to get up so he can get his friend what he needs and go back to bed.
The friend’s persistence did pay off when his friend got up and responded to him. Jesus taught his disciples what the attitude of a prayerful person should be like. “ASK, AND IT WILL BE GIVEN TO YOU; SEEK AND YOU WILL FIND, KNOCK, AND THE DOOR WILL BE OPENED TO YOU. FOR EVERYONE WHO ASKS RECEIVES; THE ONE WHO SEEKS FINDS, AND TO THE ONE WHO KNOCKS, THE DOOR WILL BE OPENED.
The principle of prayers is ASK, SEEK AND KNOCK. The idea behind this is NOT just to ask one time for emergency needs, but to keep on asking, keep on seeking, and keep on knocking. It is for us to pray emergency prayers and pray without ceasing.
Another important aspect of prayer is “WHAT ARE YOU ASKING, SEEKING, AND KNOCKING FOR? Everyone desires something. We all want something that we hope will bless our lives or help us have more. Many uses prayers to get what they want. People desire many things and conflict and battle with these desires. The apostle James wrote: 2You desire but did not have, so you kill. You covet, but you cannot get what you want, so you quarrel and fight. You do not have because you do not ask God. 3When you ask, you do not receive, because you ask with wrong motives, that you may spend what you get on your pleasures.” (James 4:2—3).
The point of prayer is NOT just on the EMERGENCY level, nor should it be consumed on our selfish desires, but to be in CONSTANT CONNECTION with the Father. THE MAIN FOCUS OF PRAYER IS NOT JUST WHEN WE NEED GOD TO DO SOMETHING FOR US BUT TO BE CONSTANTLY CONNECTING IN RELATIONSHIP AND FELLOWSHIP WITH HIM.
Jesus asked his disciples which one of their fathers would give him a snake instead. Or if he asks for an egg, will he give him a scorpion? If you EVIL Father’s know HOW TO GIVE GOOD GIFTS to your children, HOW MUCH MORE WILL YOUR HEAVENLY FATHER GIVE THE HOLY SPIRIT TO THOSE WHO ASK HIM? The point of keep on asking, keep on seeking, and keep on knocking is not about the PROVISION OF PRAYER, BUT ABOUT THE POWER OF PRAYER that comes from the Holy Spirit.
People ask for PROVISION ONLY that is given, and then they will run out. People use their NEEDS ONLY to Connect with God, and when their needs are met, they forget God until another emergency arises. Prayer is not to put out our troubles in life. PRAYER IS TO BE CONSTANT THROUGH THE HOLY SPIRIT SO WE CAN ALWAYS come to the Loving Father who KNOWS what we need and will supply.
The point of Jesus “GOING TO A CERTAIN PLACE TO PRAY” where his disciples found him wasn’t just because HE WAS IN NEED, BUT BECAUSE HE WAS JUST IN COMMUNE WITH HIS FATHER. HE WAS CONNECTING NOT ABOUT NEED BUT ABOUT BEING WITH HIS FATHER.
APPLICATION:
I will continue to learn how to connect to my heavenly Father, not because of my needs only, but to be in constant relationship and connection with him. I need Christ more than his provision.
PRAYER:
Jesus, thank you for opening my eyes to see that prayer is not about when I am in emergency moments but to be in a constant connection with you. I know that I often come to you only when I need you, but help me come to you so I can just be with you. Teach me to be in close connection with you. I need you, and I ask that you continue to draw me closer and closer to you in every aspect of life. Thank you, Lord. Amen!