NEWS

NEWS

2021-4-18 UP!!

ライフチェンジセミナー2021 LifeChange Seminar 2021

神様の計画と約束を知り、神様により近づきたいですか?
そんなあなたはぜひライフチェンジセミナー2021へ!

Do you want to get closer to God and learn His plans and promises for your life?
If that’s what you desire, please join us for the LifeChange Seminar 2021!

お申込み
Apply
Google Form
お問合せはメールにて
Any Questions? email us!
lifechange.j@gmail.com
詳しくはPDFをご覧ください
Download PDF for details
PDFをダウンロード/Download PDF

NEWS

2021-3-20 UP!!

パックリム聖書学院 [ガラテヤ/ローマ:オンライン講義] PacRim Bible Institute [Galatians and Romans: Online Class]

English follows

ガラテヤ人への手紙/ローマ人への手紙(全8回)

日付 2021年5月22, 29日
6月12, 19, 26日
7月10, 17, 24日(全て土曜日)
時間 9:30am ~ 12:30pm (途中休憩あり)
場所 オンラインのテレビ会議ソフトZoom (ズーム)を介して行いますので、ご自宅で受講可能です。各自でZoom環境(無料)をご用意ください。
受講料 聴講生:20,000円 (初めての受講、またはグループ申し込みの場合、15,000円のキャンペーン価格でお申し込みいただけます)
正規生:40,000円 (正規生は別途入学金が必要です)
定員 100名
お問い合せ
お申し込み
pacrimasia.japan@gmail.com
件名に「ガラテヤ/ローマ講義申込」とご記入の上、お名前、所属教会名をお知らせください。

イントロダクション

ガラテヤ人への手紙とローマ人への手紙は、新約聖書全体の中で最も重要で影響力のある書簡である。この2つの書簡を一緒に考えると、神様との正しい関係(「義」)はモーセの律法を守ることによってか、それとも信仰を通して得るのか、という共通の問題を共有している。しかし、この2つの書簡の口調は大きく異なる。ガラテヤ人への手紙は、鋭く、指示的で、時にはパウロの怒りが表されている。対照的に、ローマ人への手紙はきつい口調ではなく、如才ないものである。ガラテヤ人への手紙はパウロの働きの始まった頃に書かれ、ローマ人への手紙はずっと後に書かれた。
ガラテヤ人への手紙は、キリスト教の歴史と西洋社会において最も重要な本の一つである。たった149節のこの小さな書簡は、16世紀にキリスト教会が分かれることになったプロテスタント宗教改革を起こすのに役立っている。マルティン・ルターはこの本の中で、神の恵みにより信仰のみによって義と認められる、という教義を再発見した。その影響の結果として、この手紙は「クリスチャンの自由に関するマグナ・カルタ」と呼ばれている。パウロはガラテヤ書の中で、「別の福音」に対峙しているが、これはイエス・キリストの人格、言葉、そして働きの重要性の違う別の解釈であった。

ローマ人への手紙は、パウロの他のどの手紙よりもキリスト教の考え方と歴史に影響を与えた。パウロの書いた最も長い手紙であり、イエス・キリストの福音に関して、彼の最も成熟し、発達した考えを表している。パウロはローマ書を書く前に、20年間福音を説き、擁護していた。彼はこの本の中に、彼の知恵、深さ、そして霊的な情熱の刻印を残している。しかし、ローマ書は簡単に理解できる本ではない。その中には「理解しにくい」ところが多くある(2ペテロ3:16)。彼のスタイルはいつもより形式的で、罪、さばき、義、信仰義認、聖化、救い、苦しみ、律法、恵み、子となること、選び、憐み、犠牲、三位一体の神という、当惑するような神学的原則に関する彼の考えを織り交ぜている。神の義のテーマをこのコースの中で考え、「信仰義認」ということが神様に関することだけでなく、神の契約への忠実さと正義に関することであることを発見するだろう。


Galatians and Romans (8-Session Course)

Date May 22nd, 29th
June 12th, 19th, 26th
July 10th, 17th, 24th(all on Saturdays)
Time 9:30am ~ 12:30pm (There will be breaks)
Place On Zoom
The number to be accepted 100
Fee Auditor: 20,000 yen (15,000 yen for the first time attendance or group application)
Regular Student: 40,000 yen (Enrollment fee is needed for the regular students)
Inquiries
Application
pacrimasia.japan@gmail.com
Please write “Galatians and Romans Course” in the subject and give us your name and Church name.

Introduction

The books of Galatians and Romans are two of the most significant and influential epistles in the entire New Testament. It is good to consider these two together because they share the common issue of whether a right relationship with God (“righteousness”) is attained through observing the law of Moses or through faith. But these two books are very different in tone. Galatians is pointed and directed, sometimes revealing Paul’s anger. In contrast, Romans is less strident and more diplomatic. Galatians was written at the beginning of Paul’s ministry, while Romans much later.

The book of Galatians is one of the most important books in Christian history and in the Western world. This little book of only 149 verses helped launch the Protestant Reformation, which ended up splitting the Christian church in the sixteenth century. Martin Luther rediscovers in this book the doctrine of justification by grace alone through faith alone. As a result of its influence, this letter has been called “the Magna Carta of Christian Liberty.” Paul confronts in Galatians “another gospel,” which was an alternative interpretation of the significance of the person, word, and work of Jesus Christ.

The book of Romans has influenced Christian thinking and history more than any other epistle of Paul. It is his longest letter and represents his most mature and developed thoughts on the gospel of Jesus Christ. Before he wrote Romans, Paul had been preaching and defending the gospel for two decades. He leaves in this book the imprint of his wisdom, depth, and spiritual passion. Yet, it is not an easy book to understand. It is full of things that are “hard to understand” (2 Peter 3:16). His style is more formal than usual, and his thoughts weave back and forth through a maze of theological principles concerning sin, judgment, righteousness, justification, sanctification, salvation, suffering, law, grace, sonship, election, mercy, sacrifice, and the triune God. The theme of God’s righteousness will be considered in our course, which we will discover is more than just “justification,” but about God and God’s covenant faithfulness and justice.

NEWS

2021-1-10 UP!!

日本語オンライン洗礼準備会 Preparation for Water Baptism (Only available in Japanese)

洗礼を受けたいと考えていらっしゃる方、また洗礼や聖書やキリスト教のことについて学びたい方、どなたでも参加できます。
まずは下記のメールアドレスにお申し込み下さい。こちらからZoomリンクをお伝え致します。

日時 1/16,23,30(Sat) 午後8時〜9時
持ち物 聖書(ある方のみ)と筆記用具。
お申し込み 加藤以幸 牧師: isakukato@gmail.com

※ビデオオフ(音声のみ)の参加でも構いません

NEWS

2021-1-4 UP!!

子育てセミナー(小学生~ティーンズ編) (Only available in Japanese)

子供の成長の中にはいろんなシーズンを通ります。反抗期もあれば、学校や友達との関係もありますよね。大切な子供の為に知恵を持って対応していきたいですよね。眞島亨&こずえ牧師が自身の4人の子育てと25年の牧会カウンセリングの経験を通して聖書からシェアします。zoomなのでご自宅で安心してご参加いただけます。

皆様にお会いできるのを楽しみにしています!

日時 2021年2月11日(木) 14:00~16:00
参加費 1,000円
要事前申込み nhtacademy@gmail.com

NEWS

2021-1-4 UP!!

ミッドウィークオンラインフェローシップ Midweek Online Fellowship

週半ば、共に集まり、賛美し、聖書のことばを分かち合い、お祈りしませんか?ぜひお集まりください!

日付 2021 年1 月6日(水) スタート
時間 午後8:00 〜 午後9:30
場所 Zoom

先ずは担当の加藤以幸牧師isaku@nhift.orgまでお申込みください。Zoomリンクをお知らせいたします。

Let's get together to worship, to hear the word of God and to pray on Wednesday night!

Date January 6, 2021 (Wed) start!
Time 8:00pm - 9:30pm
Place Zoom

Please register with Pastor Isaku Kato through email: isaku@nhift.org. We will send you the zoom link.

NEWS

2020-12-17 UP!!

子育てセミナー(幼児期編) (Only available in Japanese)

愛子ホーランド師をメッセンジャーに迎え、子育てセミナー「幼児期編」を開催します(^^)
Zoomでのセミナーですので、気軽にご参加ください。ゲストを迎えてのQ&Aセッションもありますよ。
皆様にお会いできるのを楽しみにしています!

日時 2021年1月11日(月) 14:00~15:30
参加費 1,000円
要事前申込み nhtacademy@gmail.com

NEWS

2020-12-2 UP!!

パックリム聖書学院 [詩篇:オンライン講義] PacRim Bible Institute [Psalm: Online Class]

English follows

詩篇(全8回)

日付 2021年1月23, 30日
2月13, 20, 27日
3月13, 20, 27日(全て土曜日)
時間 9:30am ~ 12:30pm
場所 オンラインのテレビ会議ソフトZoom (ズーム)を介して行いますので、ご自宅で受講可能です。各自でZoom環境(無料)をご用意ください。
受講料 聴講生:20,000円 (初めての受講、またはグループ申し込みの場合、15,000円のキャンペーン価格でお申し込みいただけます)
正規生:40,000円 (正規生は別途入学金が必要です)
定員 100名
お問い合せ
お申し込み
pacrimasia.japan@gmail.com
件名に「詩篇講義申込」とご記入の上、お名前、所属教会名をお知らせください。

イントロダクション

詩篇は、最も重要な事柄について神と会話するための、最も信頼性の高い聖書のリソースです。世代に渡り、忠実な人々は助けを求めて詩篇に目を向けてきました。「聖書の祈りの書」と呼ばれる歌のコレクションです。それは人間の色々な感情の全範囲を表す、異なる種類の祈りが多く含まれています。
詩篇は、古代イスラエルからの伝達されてきた長いプロセスの中で生まれました。編集者は、モーセ五書(トーラー)の5冊の本を反映するために、詩篇を5つに区分し全5巻にまとめました。1巻と2巻(詩篇 1-72篇)は、ダビデとソロモンの王国から分割された君主国まで、そしてエルサレムの崩壊(3巻―詩篇73-89篇:多くが嘆きの歌)へ、そしてバビロン捕囚へ(4巻―詩篇90-106篇)というイスラエルの歴史を語り、最後に約束の地と神の支配に戻ります(5巻―詩篇107-150篇)。
感謝と賛美を表す詩篇もあれば、嘆きと不満を表現する詩篇もあります。神学的に詩篇は、現代の世の中が直面している不安、欠乏感、貪欲、自己満足の問題や、信頼や信仰、豊かさの御約束、神への依存、真実を語ること、希望のある世の中、そして励まされることを思い出すということを拒み、失望してしまう現在の生き方にもチャレンジを与えてくれます。


Psalms (8-Session Course)

Date Jan. 23rd, 30th
Feb. 13th, 20th, 27th
March 13th, 20th, 27th(all on Saturdays)
Time 9:30am ~ 12:30pm
Place On Zoom
The number to be accepted 100
Fee Auditor: 20,000 yen (15,000 yen for the first time attendance or group application)
Regular Student: 40,000 yen (Enrollment fee is needed for the regular students)
Inquiries
Application
pacrimasia.japan@gmail.com
Please write “Psalms Course” in the subject and give us your name and Church name.

Introduction

The book of Psalms is the most reliable biblical resource for conversation with God about things that matter the most. Generation after generation of faithful people turn to the Psalms for help. It is a collection of songs that is called the “Prayer Book of the Bible.” It contains many different kinds of prayers representing the entire range of human emotions.
The book of Psalms emerged after a long process of transmission from ancient Israel. Editors divided the Psalter into five books to mirror the five-book division of the Pentateuch (Torah). Books 1 and 2 (Pss 1-72) narrate the history of Israel from the kingship of David and Solomon to the divided monarchy and the destruction of Jerusalem (book 3, Pss 73-89 with its many laments), to the Babylonian Exile (book 4, Pss 90-106), and finally, return to the land and God’s rule (book 5, Pss 107-150).
There are psalms that express gratitude and praise as well as psalms that express lament and complaint. Theologically, the book of Psalms challenges our present world of anxiety, scarcity, greed, self-sufficiency, denial and despair with trust, faith, promise of abundance, dependence on God, an insistence on telling the truth, a world of hope, and life-giving remembering.

NEWS

2020-9-11 UP!!

パックリム聖書学院 キャンペーンのお知らせ Pacific Rim Bible Institute: the Book of Ezra and Nehemiah.

9月から「エズラ記・ネヘミヤ記」コースが始まります!

今、コロナ禍で行動も制限され、自粛生活をしながら、これからどうなるかという大きな不安を抱えている私たちは、「捕囚」の身にあるようですね。次回のコースでは、捕囚の間にすべきこと、捕囚が終わった後にどのように自分の人生を『再建」し、「回復」できるかなど、私たちの信仰を強め、今の私たちの人生に適用できることを多く学べると期待できます!

日程は、9月26日(土)〜11月21日(土)の毎週土曜日(11月7日はお休み)、全8 回講義となります。時間は9:30〜12:30です(途中休憩あり)。
クラスに出席できなくても、Youtubeのリンクを送りますので、コース期間中はキャッチアップできます!

キャンペーン内容

Zoomでの授業になったので、多くの人たちがコースを受けられるようになりました。
そこで、秋コースはパックリムの受講が初めての方で9月19日(土)までに申し込んでくださると、¥15,000で受けられるようになります。
また、リピーターの方たちも、2人以上で一緒に申し込んでくださると、1人¥15,000で受けられます。申し込みはそれぞれが行なってください。

お申込み先: パシフィックリム聖書学院アジア校
Email: pacrimasia.japan@gmail.com

皆さんがこの素晴らしい学びに参加し、みことばによるフェローシップができることを楽しみにしています。

パシフィック・リム聖書学院 アジア校一同


In this pandemic season, our lifestyle has been restricted and we're all facing the uncertainty of our future that makes us feel fearful and discouraged. We are like people in "EXILE."

In this next course, we'll get to learn about what we need to do during the exile and how we can REBUILD and RESTORE our life after that. We are expecting another great time of learning that can strengthen our faith and we can apply to our own lives!

The fall schedule is 9:30am ~12:30pm (with 2 breaks in between) on Saturdays from September 26th to November 21st (No class on November 7th). It will be an 8 session course. Even if you miss a class, we will send you a Youtube link so that you can catch up!

Special Campaign

Since all our classes are going to be via Zoom now, we can invite more people to join our wonderful classes.
This fall, we are offering a special campaign: if this is your FIRST time to take Pacrim classes and you apply by September 19th, you can get a ¥5,000 discount! You only pay ¥15,000.
If you are a repeating auditor and you can apply as a group of more than 2, then you can get the same discount.
Please apply via email individually, and write down all members of your group.

Apply to Pacific Rim Bible Institute Asia
Email: pacrimasia.japan@gmail.com

We look forward to having you join in our great time of learning and fellowship in God's Word this fall!

Blessings, Pacific Rim Bible Institute Asia

NEWS

2020-9-6 UP!!

ニューホープ・プリスクール入園説明会 New Hope Preschool Information Session

事前申し込みは不要です。お子様を連れての参加が可能です。ご不明な点やご質問はオフィスにご連絡ください。
Reservations not required. / Children welcome. / Contact us for details.

Date 9月26日(土)
Sept. 26th (Sat)
Time 10:30~11:30
Place 板橋区成増5-1-2
5-1-2, Narimasu, Itabashi-ku, Tokyo
Tel 03-5383-0421
Web www.newhopeclc.jp

NEWS

2020-7-18 UP!!

パックリム聖書学院 [オンライン講義] PacRim Bible Institute [Online Class]

English follows

エズラ記・ネヘミヤ記(全8回)

日付 9月26日
10月3, 10, 17, 24, 31日
11月14, 21日(全て土曜日)
時間 9:30am ~ 12:30pm
場所 オンラインのテレビ会議ソフトZoom (ズーム)を介して行いますので、ご自宅で受講可能です。各自でZoom環境(無料)をご用意ください。
受講料 20,000円
お問い合せ
お申し込み
pacrimasia.japan@gmail.com

イントロダクション

長きにわたり、ヘブル語聖書においてエズラ記とネヘミヤ記は1つの書として見なされてきました。ですので、今回のコースでは、私たちもこの2つの書を一緒に学んでいきたいと思います。
これは「回復」のストーリーです。バビロニヤ捕囚からイスラエルが帰還する歴史の中で、エズラは神殿の再建に、ネヘミヤはエルサレムの城壁の再建に力を注いでいく状況が詳細に述べられています。
また、これは「信仰」のストーリーでもあります。捕囚の身であったイスラエルの民は、エレミヤの預言を受け入れ、いつか故郷に戻れると信じていました。この2つの書には、神の民として礼拝を生活の中心に据えること重要性と、神様のご性格が表されています。
これは、逆境や困難、混乱、希望が砕かれる中で、忍耐をもって祈りることが描かれたストーリーです。故郷であるシオンへの帰還を前に神の民が直面した様々な出来事を通じて、私たち自身も「回復」と「信仰」のストーリーを経験しましょう!


Ezra & Nehemiah (8-Session Course)

Date Sept. 26th
Oct. 3rd, 10th, 17th, 24th, 31st
Nov. 14th, 21st(all on Saturdays)
Time 9:30am ~ 12:30pm
Place On Zoom
Fee 20,000円
Inquiries
Application
pacrimasia.japan@gmail.com

Introduction

Ezra and Nehemiah have been long regarded in the Hebrew Bible as one book, so we will study both together. They tell the story of restoration.
In recounting Israel’s return from the Babylonian exile, Ezra focuses on the rebuilding of the temple, while Nehemiah focuses on the rebuilding of the walls of Jerusalem.
It is a story of faith, as the exiled Israelites believed in Jeremiah’s prophecy that one day they would return home. In these books the character of God is revealed through the value of acknowledging the centrality of worship in the life of God’s people.
It is a story of challenges, disruption, brokenness, prayer, and perseverance. Our own lives will be enriched and restored as we encounter what the people faced upon their return to Zion.